スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やばい

日本馬ワンツー! ヴィクトワールピサ優勝/ドバイワールドC

 現地時間26日、ドバイ・メイダン競馬場で行われたドバイワールドC(北半球産馬4歳上、南半球産馬3歳上、首G1・芝AW2000)は、M.デムーロ騎手騎乗のヴィクトワールピサが、最後方追走からレース途中で先団に取り付くと、逃げたトランセンドとの叩き合いを1/2馬身差制し優勝した。勝ちタイムは2分05秒94(良)。さらに1/4馬身差の3着にモンテロッソ Monterosso(UAE)が入った。ブエナビスタは後方からレースを進めたが伸びを欠き8着に敗れている。

 今回で16回目となる世界最高峰(1着賞金:約4億8000万円)レース・ドバイワールドCで、日本調教馬の優勝は史上初の快挙。これまでは01年トゥザヴィクトリーの2着が最高だった。過去にホクトベガ、アグネスデジタル、アドマイヤドン、カネヒキリ、ヴァーミリアンなど多くの名馬が挑み敗れていたが、14回目、延べ21頭目の挑戦で悲願を達成した。

 ドバイ国際競走における日本調教馬のG1制覇は、ハーツクライの06年ドバイシーマクラシック、アドマイヤムーンの07年ドバイデューティーフリーに続く3勝目となる。



実はこのヴィクトワールピサ、私の昨年のPO馬なのです。

まだデビュー前の時期に目を付けて、活躍するだろうと思ってはいましたが、

こんな世界一を決めるようなレースで勝ってしまうとは。。。。

とんでもない馬だなぁ。。。。
スポンサーサイト

AIONと関係ないこと

(。・ω・)ノ゙ コンチャ

今日はAIONと関係ない事を(ノ)・ω・(ヾ)ムニムニ





ジャパンカップ、馬単表裏買ってて良かった!(ぁ


内を通ってヴィクトワールピサ、エイシンフラッシュ、

馬群の真ん中を割ってローズキングダム、

外を回って馬場の中どころからブエナビスタ。


残り200m手前でユタカのローズキングダムが外のブエナビスタに併せる形で追い始めた直後、

内のエイシンフラッシュが若干外へよれる。

ローズキングダムも若干挟まれる窮屈な格好になるが、追えない程ではなく、

ユタカもうまく捌いて3頭併せの格好に持ち込む。


残り150m、前に居たヴィクトワールピサが外へ大きくよれる。

ローズキングダムはたまらず外へ逃げようとするが、外にはブエナビスタがフタをしており、

行き場を無くして減速気味に。

外のブエナビスタはなぜか内へささり気味に。

ローズキングダムが内側半馬身後ろあたりに位置していたのだが、

外へよれたヴィクトワールピサに併せるような格好で内へささる。


ここで完全にローズキングダムが接触し、行き場を無くして減速を余儀なくされる。


その時点でブエナビスタに2馬身程あけられるのだが、

ローズキングダムも内のヴィクトワールピサを再度追い上げ、これをかわして2位入線。


ブエナも強かったけど、ローズキングダムがちゃんと追えるスペースがあれば、

普通に1位入線だったのではないか?と思わせるような頑張りだった。


パトロールビデオはまだ見てないけど、レース映像を見た感じはこんな印象でした。

1位入線のブエナビスタは審議対象になり、1位入線2着降着という結果に。


う~ん、勝った(?)事になったユタカも橋口センセーも、後味悪い勝ち方になっちゃいましたなー。



ユタカファンとしては23年連続G1制覇記録が更新されて嬉しいんですがね(;゚Д゚)wwww

今年はユタカの大怪我戦線離脱もあって、もうだめぽと思ってたので尚更嬉しい。

どういう形であれ、勝ったのは事実。さすが天才・武豊ですな。
FC2カウンター
Twitter on FC2
カテゴリ
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。